便利ツール

ステンレス管の種類

ステンレス管の種類

用途 規格番号 規格名称 記号 規格・記号の意味
構造用 JSI G3446 機械構造用ステンレス鋼鋼管 TKA TKA・・・T:Tube K:構造 A: Annealing
航空機、自転車、車両、建築、厨房等の構造物に適用。
機械部品としての肉の厚い管を丸鋼の代わりに使用することが多い。
配管用 JIS G3459 配管用ステンレス鋼鋼管 TP

T・・・Tube P:Pipe
TP – TPA・・・A:Arc welding
  – TPS・・・S:Seamless – TPS-C・・・C:Cold
            – TPS-H・・・H:Hot

最も一般的なステンレスパイプに属する。
耐食用、低温、高温用などの配管として使用される

JIS G3468 配管用溶接大径ステンレス鋼鋼管 TPY TPY・・・ T:TUBE P:Pipe Y:溶接
350A以上の配管についての規格。
径が大きいので熱処理炉の大きさの制約もあったり、管の使用環境によっては特に熱処理が必要でなく、指定のない限り熱処理せずに供給される。
JIS G3447 ステンレス鋼サニタリー管 TBS TBS・・・TB:Tube S:Sanitary
食品工業用、酪農用に適用。管の内面は通常、400番研磨で使用される。
使用上管内の研磨は必要だが外径には研磨するものとしないものがあるので注意を要する。
JIS G3448 一般配管用ステンレス鋼鋼管 TPD TPD・・・T:Tube P:Pipe D:Domestic
給水、給湯、排水、冷温水の配管に適用。
外径は9.52m/mから318.5m/mと17種類あり肉厚は外径に対し1寸法のみが規定されている。
熱伝達用 JIS G3463 ボイラ・熱交換器用ステンレス鋼鋼管 TB T:Tube B:Boiler
ボイラの加熱管、化学工業や石油工業の熱交換器管等に適用。
配管と異なり外径の公差がきびしくなっている。
また肉厚公差がマイナス0であるということも注意しなければならない。
JIS G3467 加熱炉用鋼管 TF TF・・・T:Tube F:Fired Heater
石油精製、石油化学工業等の加熱炉用に適用。

(参考)*ASTM・・・American Society for Testing and Materials(アメリカ材料試験協会規格)
   *ASME・・・American Society of Mechanical Engineers(アメリカ機械技術者協会規格)